【中国高速鉄道事故】以前から事故車両埋めてきた」駅責任者が匿名証言

以下は 産経新聞の記事より
——————————-
2011.8.1
1日付の中国紙、経済観察報は、浙江省温州市の高速鉄道事故を受けた主要駅責任者の匿名の証言を掲載、鉄道当局が事故直後に車両を地中に埋め「証拠隠滅」を図ったとの見方に関し、同責任者は「以前からそうしてきた。今回はメディアの関心が高かっただけ」と指摘した。

同責任者は「鉄道当局は問題が起きるとまず責任逃れを考える」と批判。高速鉄道の信号系統などの緊急対応能力が劣っていることは「組織内部では秘密ではない」とし、「当直は運転士と無線で連絡が取れたはずだ」と人為ミスの可能性に触れた。

同紙は事故調査の不徹底などを批判する8ページの特集記事を掲載した。(共同)

————————————-
中国の鉄道省にしてみれば、従来と同じように処理しただけなのに、今回は大騒ぎされて困惑したということなのだろう。それにしても、人命なんかどうでも良い国なのだ。

Leave a Reply