ポルノへの支出、韓国が世界1位!?

以下は、朝鮮日報の記事
—————————————
韓国はポルノを見るために一人当たり支出する金額が最も高い国だという調査結果が、米国の時事雑誌『ニューズウィーク』電子版で報じられ、論議を呼んでいる。
同誌電子版は6日、米国人の性の統計にまつわるグラフィックニュースを報じる中で、一人当たりのポルノ産業売上額1位の国家として韓国を挙げた。韓国人は2006年の時点で、ポルノを見るために一人当たり526.76ドル(現在のレートで約4万3360円、以下同)を使い、2位の日本(156.75ドル=約1万2900円)に比べ約3.4倍多く、上位にランクインしたフィンランド(114.70ドル=約9440円)、オーストラリア(98.70ドル=約8120円)、ブラジル(53.17ドル=約4380円)、チェコ(44.94ドル=約3700円)、米国(44.67ドル=約3680円)、台湾(43.41ドル=約3570円)、イギリス(31.84ドル=約2620円)、カナダ(30.21ドル=約2490円)に比べ圧倒的に多くの金額を使っていると報じられた。
しかし、この統計の出どころに信ぴょう性があるのかという疑問も提起されている。同誌はこの統計をセント・ジョン・フィッシャー・カレッジで米国学を専攻するマーク・ライス教授が運営するブログ「ランキング・アメリカ」に昨年8月に掲載された記事から引用したとしており、「ランキング・アメリカ」では、ソフトウエア調査および販売の会社が運営する「トップ・テン・インタビュー・ドットコム」から統計を引用したと紹介している。
ニューヨーク=朴宗世(パク・チョンセ)特派員
————————————-
韓国は、性犯罪率でも、「大国」である。
以下は、サーチナで見つけた記事
—————————————
学生間の性犯罪が年々増加、「日本より17倍多い」=韓国
2010/09/13(月)

韓国で学生間の性犯罪が急増し、懸念が高まっている。韓国の教育科学技術部作成した「最近3年間学生間性犯罪現況資料」がキム・ユジョン国会議員により12日に公開された。資料によると、小中高生による性犯罪事件は毎年36%増の勢いで増加しているという。主要メディアを含む複数メディアが続々と報じている。
報道によると、学生間の性犯罪は2006年の38件から09年には98件に上り、2010年は7月まですでに90件ほどの性暴力事件が発生している。同話題を報じた韓国メディアは「隣国の日本より17倍も多い」と、日本を引き合いに事件の多さを指摘した。
特に、中学生が加害者となっている性犯罪事件がほぼ半数に達しており、また32%の性犯罪が被害者もしくは加害者の自宅で発生した点も注目に値する。さらに、単独犯行による性犯罪が増加の傾向にあり、08年には集団暴行が7割を占めていたが、2010年には単独犯行が55%となっている。
加害者の生徒は犯行の動機について「ポルノ動画を見てまねした」と語った。学生間の性犯罪が急増している理由について、韓国メディアは専門家の見解を紹介し、「インターネットの普及によるポルノ動画の無防備な露出が問題だ」と指摘。それに加え、学校教育において「きちんとした性教育を受けていないことが大きな理由だ」と伝えた。
韓国では、年々増加している小中高生による性犯罪を受け、09年度から小学校高学年の保健授業で性教育を実施するなど性犯罪の予防に乗り出した。ただ、性教育に割り当てる授業時間は1年でわずか5~6時間と、日本やフランスより極端に少ないため、あまり効果がみられていないのが現状だ。(編集担当:金志秀)
———————————–
さらに、コレコレアという言葉もあるらしい。
「コレコレア(朝鮮語: 꼬레꼬레아)とは、キリバスへ渡航している韓国人男性の、性の乱れた人達を指す俗語である。日本語、韓国語圏では英語表記としてkorekoreaが用いられるが、英語圏ではkorekorea、korakorea双方が用いられる。元々は韓国漁船に乗り込み売春を行う現地女性を指す言葉 (te korekorea, korakorea girl) であったが、現在ではどの国の漁船に乗り込む女性に対しても使用され、また、売春場所に使われる防波堤をも意味する。korakorea fishのように安物の魚を指すスラングとしても使用される。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%A2

Leave a Reply