日本の農業の内訳は、畜産、野菜、米、果物の順番

最近、TPPで、農業に注目が集まっている。
以下のデータは、農水省のHPから持ってきたもの
—————————————–

国内総生産  494兆1,987億円
農業総生産  4兆4,295億円        ピークは 7兆9,377億円(平成2年度)
林業総生産  4,344億円
水産業総生産  7,656億円

そして、農業の内訳は、以下の通り。

農業総産出額 8兆4,662億円   ピークは 11兆7,171億円(昭和59年)
米の産出額 1兆9,014億円    ピークは 3兆9,300億円(昭和59年)
野菜の産出額 2兆1,105億円   ピークは 2兆8,005億円(平成3年)
果実の産出額 7,410億円    ピークは 1兆1,025億円(平成3年)
畜産の産出額 2兆5,852億円   ピークは 3兆2,897億円(昭和59年)

産出額は、

1  畜産
2  野菜
3  米
4  果実

の順番なのである。米は1番ではなく、3番なのだ。

「日本は稲の国」という思いにこだわっていてはだめなのかもしれない。

Leave a Reply