沖縄の海底に資源があるらしい

毎日新聞 2010年9月17日 

沖縄本島の北西約100キロの海底で、熱水が噴き出している活動域が見つかった。東京大などの研究チームが17日、発表した。 周囲には、マンガンやアンチモンなどレアメタル(希少金属)を含んでいるとみられる鉱物の塊も発見された。海底の新たな鉱山として注目されそうだ。  研究チームは、熱水に含まれるマンガンや硫化水素を感知できるセンサーを開発し、無人探査機に搭載。 11日までの8日間、火山地形であるカルデラが広がる海域を調べた。
 すると、海底(水深500~600メートル)の3カ所で、43~247度の水が噴き出していた。 うち1カ所では、直径50センチの煙突状の構造物が高さ1~2メートルに伸び、先端から121度の熱水が立ちのぼっていた。
 最近、こうした構造物を含む活動域「熱水鉱床」は新たな鉱山として注目され、日本近海で探査が活発化している。 チームはすでに岩石を採取しており、今後、金属の種類や含有量を分析する。

—————————————————————————-

その結果、今日の日経によれば、鉄、銅、亜鉛、銀、が確認されたらしい。希少金属もあるらしい。

この海域は、伊平屋北熱水域と呼ばれていて、伊平野島の北にあって、EEZ内にある。まさか、中国が、伊平野島は中国固有の領土であると言い出すことはないと思うが、、、。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.