日本の周辺の国は

尖閣の問題で、中国が希少金属の日本への輸出を止めたり、フジタの社員を「人質に」とったりした。中国は、残念ながら「野蛮」な国なのだ。
この中国の粗暴 な行動で得をしたのは米国である。日米同盟の重要性を実感した人は多いだろう。残念ながら、日本は米国に軍事的に頼らざるを得ない。日本が軍備を増強したり核を持つことは技術的・経済的には可能ではあるが、国内世論・国際世論がそれを許さないだろう。
日米同盟が重要だからといって、米国は親日ではない。米国は、いろいろなところで反日政策を行っている。たとえば、フィリピン政府に対しては、反日教育をするよう促している。米国自身の侵略を正当化するためである。
隣の韓国は、ご存知の通り反日が国是の国家であり、「親日禁止法」みたいな法律がある。言論の自由は、法的にはあるが、実際にはないと言っていい。実際、親日的 な発言をしたソウル大学教授は、ふくろだたきにあった。また、韓国は米国に、日本を仮想敵国にするよう提案したことさえある。
ロシアは、9月2日を記念日として、北方4島の占拠を正当化しようとしている。
日本の周辺で親日的な国はない。
親日的な国を探すとすれば、東南アジアからインドのあたりになるだろう。

Leave a Reply