旧東海道2

最近は魚屋が減ってきたが、北品川ー新馬場ー青物横丁の旧東海道沿いには4軒ある。

新馬場の魚屋に行った。曜日は水曜日であった。店に入って、ショーケースの中を見たが、あまり魚が並んでなかった。そしたら、親父が、店の奥から出て来て、「何しに来たんだ」みたいなことを言う。なんか異様な雰囲気だ。普通の魚屋じゃないのか?そしたら、その親父、「うちに来るなら土曜日だ。土曜日はマグロの特売があるから。土曜日以外に来てもたいしたもんはない。」と言う。 土曜日以外はちゃんと商売していないのだろうか?不動産でも持っていて、それで食べれるから、魚屋は趣味でしているのだろうか?その日は、それで撤退した。後日、土曜日に、マグロの刺身を買った。まあまあおいしかった。価格はそんなに高くなかったと、記憶している。旧東海道界隈は、マグロにうるさい人が多いのであろうか。

青物横丁の魚屋は、人気の店で、いつも混んでいた。店先に、大きなぶりが一匹横たわっていて、1400円の値札がのっていた。「これ、さばいてくれるんですか?」と聞いたら、断られた。ぶり一匹丸ごと買ってちゃんとさばける人はそういないだろう。料理屋かレストランの人が買いに来るのであろうか。あと、他の店では秋刀魚が200円から300円していた頃、その魚屋では、大きくて生きの良い秋刀魚が100円くらいだった。安くてうまいからいつも混んでいるのであろう。

Leave a Reply