生理学研究所

岡崎に生理学研究所がある。
名鉄の東岡崎の駅から歩いて10分弱のところにある。
今週、はじめて行った。
東岡崎の駅の改札を出たら、
「桶狭間祭り」とかの声が聞こえてきた。
あの桶狭間が近くにある。
桶狭間には昔行ったことがあるが、
その記念碑がある場所の地形は狭間という感じはしなかった。
一緒に行った友人が言うには、戦いの場所は移動するから、
全部が狭間というわけではないだろうとのことであった。
そうかもしれない。

さて、生理学研究所に行って、motor control 研究会に参加した。
その国際会議所は、緩やかな丘の上にある。
丘からの西(名古屋方面)の眺望はよい。

研究会には、伊藤正男先生も来ていた。
80歳を超えているが、元気である。

僕は、現在、大脳基底核に関心がある。
イメージを生成する際の抑制に関与していると思われるからである。
(この辺のことは、先月出版した「心の発生」(ナカニシヤ出版)に書いてある)
大脳基底核に関する新たな情報は、少しだけど、得られた。

それにしても、泊まった岡崎セントラルホテルはひどかった。
狭いし、変な臭いがした。
排水溝からの臭いであろう。

Leave a Reply