原子力発電

以前は、原子力発電は危険なので、欧米では廃止や縮小が相次いだ。
日本でも、反原発運動がそれなりに盛んであった。
原発の危険性に対して、日本の政府はその安全性を強調していたので、
そんなに安全と言うなら、ということであろう、
「新宿副都心に原発を」という本も出た。
しかし、日本では原発を作り続けてきた。

最近の環境問題で、原子力発電に関心が集まってきている。
原発ルネッサンスという言葉もある。
このような原発ルネッサンスの中で、
日本の原発技術が、世界で一番優れているようである。
2番手はフランスであろうか。

欧米諸国は、意思決定が迅速であるから、危険だと判断して、
すぐやめてしまったが、日本は、意思決定が遅いので、やめなかった。
意思決定の遅さがさいわいしたのである。
こういうことも世の中ではある。

Leave a Reply