心の発生

心の発生:認知発達の神経科学的理論 という本を出版しますが、その本が出版社のナカニシヤ出版から送られて来ました。発行日は4月20日になっています。1ヶ月も先なんだ。実際に本屋に並ぶのは、4月10日あたりらしいです。内容に関しては、このHPを見てください。表紙は、母親と子供が見つめあっている絵です。この表紙は、以前同じナカニシヤ出版から出した「想像:心と身体の接点」の表紙を踏まえてのものです。以前の「想像」では一人の人間の横顔でしたが、今回の「心の発生」では、二人の人間の横顔です。表紙をこうしたのには理由があります。想像するには一人の人間でよいのですが、心が発生するには、一人の人間ではだめなのです。少なくとも、二人の人間が必要なのです。なぜでしょうか。「心の発生」をお読みいただければと思います。

Leave a Reply