実戦データマイニングのグラフ

実戦データマイニングのグラフは黒白である。元のグラフはエクセルで作った。カラーである。カラーの方が見やすいであろうが、カラー印刷が高くつくので本では黒白になった。参考までに、リーマンショックのあった2008年の元グラフを掲載する。橙色(オレンジ色)が上昇で青色が下降である。橙色の直線が上下しているが、エクセルで上昇と下降で色を分けて表示するため、このような直線ができてしまった。実戦データマイニングの本では、上昇を実線、下降を点線とし、橙色の上下の線は削除した。この上下の線はうっとおしいが、グラフの下の方の資金の推移(灰色)と対応を取るときは便利である。本の作成段階では、この上下する線を残すか削除するかで迷ったが、最終的に削除することになった。

さて、2008年の秋にリーマンショックがあって、日経平均は大きく下がった。そのときの予測を見よう。9月25日12040円で予測は上昇から下降に切り替わっている。適確に予測できていると思う。それで、資金のほうは、約2000万円と大きな利益を出している。最もその後、損を出しているので、約700万円の利益である。なお、目盛りは、左が日経平均で、右が資金である。

Leave a Reply