「平均」の意味、大学生の24%が理解せず

以下は読売新聞の記事
—————————————
読売新聞 2月24日(金)
大学生の24%が「平均」の意味を正しく理解していないなど、基礎的な数学力、論理力に大きな課題があることが、日本数学会が実施した初の「大学生数学基本調査」で明らかになった。

理系学生やセンター入試で数学を受験した大学生も多数含まれており、入試のあり方も問われそうだ。

調査は昨年4月から7月にかけ、国公立大から私立大まで48大学で実施。主に入学直後の学生5934人が協力した。調査では小中学校で学ぶ内容を中心に、論理的な文章の読解や記述力、基本的な作図力を問う5問が出題された。

その結果、全問正答した学生は、わずか1・2%だった。「偶数と奇数を足すとなぜ奇数になるか」を論理的に説明させる中3レベルの問題の正答率は19・1%。小6で学ぶ「平均」についても、求め方は分かるが、「平均より身長が高い生徒と低い生徒は同じ数いる」などの正誤については誤答が目立ち、中堅私大では半数が誤答だった。
—————————————-
「平均」がわからないということですが、、、、。
「平均より身長が高い生徒と低い生徒は同じ数いるか?」みたいな問題を試験にだしてみましょうか。

Comments are closed.