漫画と日本語

漫画は、日本が誇る文化です。この漫画には、擬声語(ダーッとかトントンなど)が非常に多いです。日本語は、世界の言語の中で、(たぶん)もっとも擬声語が多い言語です。日本の漫画が優れている原因のひとつは、擬声語が多い等の日本語の性質に求められそうです。手塚治虫は、漫画を象形文字だと言ったとのことです。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.