バスレーン監視 年収1000万円 大阪市交通局

以下は、朝日新聞の記事
—————————————-
・朝夕の交通渋滞時にバス専用レーンの通行を妨げる違法駐車を監視するため、大阪市交通局が70人の職員を配置し、年7億2千万円の人件費を支出していることが3日わかった。
 1人当たりの平均年収は1千万円を超える。市議会などから「市職員の厚遇ぶりを象徴する仕事内容で、非効率きわまりない」と批判が出ている。

 市交通局によると、違法駐車がバス走行の妨げになり始めた77年から配置。午前7~9時と午後5~7時に、渋滞の激しい約20カ所で、違法駐車しようとする車に「ここはバス専用レーンです」と声をかけて移動を促している。
 勤務時間は朝のラッシュ向けの場合、午前6時20分に市交通局(同市西区)に集合。40分かけて監視場所に移動し、仕事を終えると再び40分かけて同局に帰って休憩。午前10時40分からまた40分かけてバスターミナルなどに移動して乗客案内をし、再び40分かけて同局に戻る。勤務時間は8時間半だが、実働は4時間50分という。

 職員は30代後半から50代のバス運転手経験者で、平均年収は1035万円。市交通局は「大阪は他の都市に比べて違法駐車が多い。バス運転の経験者の方が効果的だと判断した」としている。
 3日の市議会決算委員会でこの問題を取り上げた辻義隆議員(公明)は「働き盛りの30、40代を立っているだけの仕事にあてており、管理者責任が問われる。同僚と雑談しているだけの職員も多数いる」と批判した。

 横浜市では違法駐車を監視するため、14人の嘱託を雇っているが、1人当たりの人件費は年280万円ほど。神奈川県警の駐車監視員制度が来年6月に始まるのにあわせ、今年度末で廃止する。
 神戸市はシルバー人材センターに年700万円で監視を委託。京都市は「バス専用レーンを確保するための事業はしていない」としている。
 http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200510040005.html
————————————–
バスレーン監視等の約5時間/日の労働で、年収1000万円。これはひどいですね。ほかの自治体でも同様のことが行われているのではないでしょうか。

3 Responses to “バスレーン監視 年収1000万円 大阪市交通局”

  1. 安全套 Says:

    安全套…

    全能の神は、ああ、なぜポストに返信することはできません教えてください…

  2. モンクレール 店舗 Says:

    モンクレール 店舗…

    アクションのビーチの洗浄である…

  3. luottoa Says:

    luottoa…

    Maisie…