東レが電気自動車を開発

以下は、毎日新聞の記事
—————————————
EV:炭素繊維で軽量化 東レが開発
東レは9日、同社の先端素材を活用した電気自動車(EV)を試作したと発表した。鉄に比べ重さ4分の1、強度10倍の炭素繊維を多用し車体を軽量化。低燃費で衝突安全性の高い車に仕上げた。自動車メーカーに先端素材の活用を提案し、15年以降に300万円程度で普及を目指す。
完成した車は2人乗りのオープンカーで、重量は900キロ以下。4人乗りの普通乗用車に換算すると、現行の鋼板製の市販車に比べ重さが3分の2になり、走行中の二酸化炭素排出量を1割削減できる。「技術開発で、さらに減らせる余地はある」(同社の田中千秋副社長)。必要な部品点数は4分の3に減らすことができたという。
製作費は約3億円。14、15日に東京都内で開催する東レ先端材料展で一般公開する。【寺田剛】
毎日新聞 2011年9月10日 東京朝刊
————————————–
東レが電気自動車を開発するんですね。車体を提供するのではなく。

電気自動車は、ガソリン車に比べて簡単に作れるということですが、モータとかの駆動系や電池系は、どうしているんでしょうか。

Leave a Reply