Archive for 9月, 2018

旧東海道3

日曜日, 9月 23rd, 2018

品川神社

品川神社は、新馬場駅を降りてすぐのところにある。第一京浜沿いである。急な階段を登ると、左手に富士塚が現れる。富士塚は、江戸時代に、富士山に行けない人が、この富士塚に登って、富士山に行ったことにしたという。富士塚から東側の眺めは、今は、ビルがたくさん建ってしまったので、それなりだが、江戸時代は江戸湾を一望できて良かったであろう。

品川神社の境内には能舞台がある。島倉千代子(品川生まれ)は、小さいころ、この神社ののど自慢大会で優勝したとか聞いたことがある。この能舞台がステージだったのであろうか?そんなことはないかもしれない。

境内を奥に進んで、本殿の後ろの細い道を歩くと、神社の境内の外に出てしまい、そこで行き止まりになる。そんな場所に、板垣退助の墓がある。こんなところにあるのか!と驚いてしまった。そこには、板垣退助だけではなく、板垣一族の墓もある。自由民権運動で当時の政府に逆らったから、こんな場所に墓があるのだろうか?墓のそばには「板垣死すとも自由は死せず」という有名な言葉の石碑があった。「佐藤栄作」と書いてあった。佐藤栄作が書いて、設置したのであろうか。

品川神社の参道は、旧東海道の本陣跡あたりから始まる。参道は、商店街になっていて、第一京浜で終わる。

旧東海道2

金曜日, 9月 21st, 2018

最近は魚屋が減ってきたが、北品川ー新馬場ー青物横丁の旧東海道沿いには4軒ある。

新馬場の魚屋に行った。曜日は水曜日であった。店に入って、ショーケースの中を見たが、あまり魚が並んでなかった。そしたら、親父が、店の奥から出て来て、「何しに来たんだ」みたいなことを言う。なんか異様な雰囲気だ。普通の魚屋じゃないのか?そしたら、その親父、「うちに来るなら土曜日だ。土曜日はマグロの特売があるから。土曜日以外に来てもたいしたもんはない。」と言う。 土曜日以外はちゃんと商売していないのだろうか?不動産でも持っていて、それで食べれるから、魚屋は趣味でしているのだろうか?その日は、それで撤退した。後日、土曜日に、マグロの刺身を買った。まあまあおいしかった。価格はそんなに高くなかったと、記憶している。旧東海道界隈は、マグロにうるさい人が多いのであろうか。

青物横丁の魚屋は、人気の店で、いつも混んでいた。店先に、大きなぶりが一匹横たわっていて、1400円の値札がのっていた。「これ、さばいてくれるんですか?」と聞いたら、断られた。ぶり一匹丸ごと買ってちゃんとさばける人はそういないだろう。料理屋かレストランの人が買いに来るのであろうか。あと、他の店では秋刀魚が200円から300円していた頃、その魚屋では、大きくて生きの良い秋刀魚が100円くらいだった。安くてうまいからいつも混んでいるのであろう。

八戸のすし屋

日曜日, 9月 16th, 2018

少し前に、八戸に行った。八戸は海産物が有名なので、夕食は、すし屋に行くことにした。ホテルで予約の電話をしたら、「今日は、海がしけていて、冷凍ものと養殖ものしかないよ」って言われたが、その日しか八戸にいなかったので、予約した。

そのすし屋は、新装開店したみたいで、外観はしゃれていて良かった。カウンターは結構込んでいた。そこそこ人気の店なのだろう。何品か握ってもらったが、電話で言われたとおり、良いねたはなかった。いかも握ってもらったので「げそをつまみで」と言ったら、「いかは身だけを買ったので、げそはない」と言われた。「それじゃ、お勧めのつまみは?」と聞くと、なんと「牛肉」とのこと。十和田牛らしい。牛肉を頼んでみた。結構おいしかった。すし屋のつまみで牛肉を食べるのは初めてだった。帰り際に、「今日は、良いねたがなかったから、また今度、リベンジに来てくれ」と言われたが、今度、八戸に行くのはいつのことだろうか。

旧東海道1

日曜日, 9月 16th, 2018

以前、1年ほどだが、旧東海道のそばに住んでいた。京浜急行の新馬場駅から歩いて6,7分のところであった。近くに目黒川が流れていた。この目黒川を、昔、この辺では、品川と呼んでいたそうである。品川の語源であるが、下なし川→品川という説がある。「下なし」とは、下流が(蛇行していて)わからないということである。目黒川は、たしかに、東京湾に出るあたりでほぼ直角に北のほうに曲がっている。ちなみに、上流が(どこなのか)わからない上なし川も存在する。この「上なし川」は、かな川(神奈川)と変化した。

品川宿は、東海道の最初の宿場町であり、この目黒川の辺りが中心地であったようだ。最近、品川と言うと、JRの品川駅周辺を思い出すが、昔の品川宿とはずいぶんずれている。京急に北品川という駅があるが、これは品川より南にある。品川駅より南に北品川駅がある。変だ。京急の品川駅は、昔、高輪駅だったらしい。旧国鉄が、品川駅なので、京急は名前を「高輪」から「品川」に変えたらしい。それで、品川駅の南に北品川駅が存在することになった。品川駅は、品川区にはない。港区にある。旧国鉄は、なぜ、無理をして品川駅にしたのだろうか?高輪駅とかではだめだったのだろうか?たぶん、品川という名前は、ブランドだったのだろう。明治時代には「品川県」なるものも一時存在したみたいだし。

目黒川の北側が北品川で、南側が南品川である。北品川は商人の町で、南品川は職人の町である。両者はあまり仲が良くないらしい。今、新馬場という駅があるが、昔は、北馬場と南馬場の二つの駅があった。この二つの駅を一つにして新馬場にした。確かに、新馬場駅は異常に長い。しかし、ここに二つの駅があったとすれば、その二つの駅は異常に近い。新馬場の駅は、目黒川にまたがっている。私の推測であるが、北品川と南品川の両方で駅を欲しがって北馬場と南馬場になったのではなかろうか。

旧東海道は、八つ山橋から始まっている。八つ山橋の少し南に広場があり、案内板がある。道は、旧東海道を意識して、電柱がない。もっとも、これは目黒川までである。目黒川を越えると、電柱が現れる。商人の町と職人の町の差である。街道には、ところどころに観光用の案内板が立っている。街道を意識しているような外観の店もある。寺や神社も多い。江戸時代からのぞうり屋もある。この店は散歩番組でときどき紹介されている。

宮沢賢治

土曜日, 9月 15th, 2018

この間、宮沢賢治の記念館に行った。新幹線の新花巻駅からタクシーで数分の所にある。宮沢賢治の実家は、質屋・古着商をしていた。結構、裕福な家庭だったようである。タクシーの運転手が、「この辺の山のいくつかは宮沢家の持ち物で、宮沢賢治記念館も宮沢家の所有の山の上にある。」と言っていた。その口調は憎憎しげであった。どうも地元民は、宮沢家にあまり良い感情を持っていないようである。山は、金を借りるための担保だったのであろう。そして借りた金を返せなくて山を取られたのであろう。

賢治もその質屋の番頭をしていたようであるが、あまり好きではなかったようである。金を借りに来た貧しい農民にたくさん金を貸して、後で、父親から「こんな安物で、なぜ、そんなに貸したんだ!」としかられたようである。この父親に関しては、最近、本(銀河鉄道の父)が出た。

宮沢賢治記念館から東京に戻ってきて、銀河鉄道の夜を久しぶりに読み直してみた。本棚に、子供用の本(あかね書房版)があったので、それを読んでみた。漢字が少なくて、ひらかなが多いので、少し読みづらかった。この本では、カンパネルラが川でおぼれた後に、ジョバンニとカンパネルラが銀河鉄道に乗るという話の流れになっていた。銀河鉄道の夜は、遺稿を整理したものなので、いくつかの稿がある。最後の稿では、銀河鉄道の場面が先で、川の場面が最後みたいである。

それにしても、銀河鉄道の夜の「透明感」はどこから来るのかな、と思った。登場人物の名前がカタカナなのも、透明感に寄与しているのかもしれない。もう少し考えてみたい。

銀河鉄道の夜の「銀河鉄道」は、当時の岩手軽便鉄道(現在の釜石線)がモデルだったようである。最近は、「銀河鉄道の夜」をテーマにしたSL銀河という蒸気機関車が走っている。私は運良くそれに乗れた。SL銀河はたしか特別列車という名前がついていた。「特急列車」ではない。時間は普通の各駅停車よりかかった。

実戦データマイニングのグラフ

水曜日, 9月 12th, 2018

実戦データマイニングのグラフは黒白である。元のグラフはエクセルで作った。カラーである。カラーの方が見やすいであろうが、カラー印刷が高くつくので本では黒白になった。参考までに、リーマンショックのあった2008年の元グラフを掲載する。橙色(オレンジ色)が上昇で青色が下降である。橙色の直線が上下しているが、エクセルで上昇と下降で色を分けて表示するため、このような直線ができてしまった。実戦データマイニングの本では、上昇を実線、下降を点線とし、橙色の上下の線は削除した。この上下の線はうっとおしいが、グラフの下の方の資金の推移(灰色)と対応を取るときは便利である。本の作成段階では、この上下する線を残すか削除するかで迷ったが、最終的に削除することになった。

さて、2008年の秋にリーマンショックがあって、日経平均は大きく下がった。そのときの予測を見よう。9月25日12040円で予測は上昇から下降に切り替わっている。適確に予測できていると思う。それで、資金のほうは、約2000万円と大きな利益を出している。最もその後、損を出しているので、約700万円の利益である。なお、目盛りは、左が日経平均で、右が資金である。

日本ボクシング連盟の新会長に、強要・恐喝で逮捕の過去

火曜日, 9月 11th, 2018

日本ボクシング連盟が山根明前会長の後任に内田貞信氏を選出 強要、恐喝で逮捕の過去  2018年09月11日 18時10分 日刊ゲンダイDIGITAL

山根明氏の後任 連盟新会長は宮崎に19軒の“キャバクラ王”
2018年09月11日 09時26分 日刊ゲンダイDIGITAL

理事を一新して再スタートを切った日本ボクシング連盟。8日の臨時総会では、助成金の不正流用や反社会的勢力との交友が問題になって辞任した山根明前会長(78)の後任に、宮崎県連の内田貞信会長(45)が満場一致で選出された。だが、新会長がその後の会見で自ら過去の逮捕歴を公表したものだから、詰めかけた報道陣も仰天。大胆な人事だ、と波紋を呼んでいるのである。

近大ボクシング部OBの内田新会長は、山根前会長と連盟の不正を告発した「日本ボクシングを再興する会」の発起人のひとりで実質的なリーダーだった。地元の宮崎県では県内有数の実業家として知られている。

「不動産業で財を成し、県内中心地に10棟のマンション、3棟の商業ビルなどを所有する、地元では有名な実業家です。繁華街にクラブやキャバクラを19軒も経営するオーナーでもあります。本人が会見で明かしたように強要、恐喝で逮捕された過去があり、2015年に高裁で懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けている。ただ、例えば恐喝については、会社に損失を与えた元従業員に30万円の弁済を迫ったというもの。急速に事業を拡大したことで周囲からねたみを買ったという背景がある。15以上の株式会社を持つ企業グループの経営者ですからエネルギッシュな感じはありますが、派手な人ではなく、普段は宮崎なまりの抜けない口調で腰も低い。そんなに悪い印象はありませんね。父親は、元宮崎市議会議員で議会の副議長を務めていたことがあります」(地元飲食店関係者)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山根明氏の後任も、なかなかの人物のようだ。

株や為替の予測と機械学習(データマイニング)技術

火曜日, 9月 11th, 2018

「難しい数学の式を使えば、株や為替で利益が出せるのではないか」と考えている人は多いであろう。また、「何か新しい機械学習(データマイニング)技術が登場すれば、株や為替の予測は、うまくできるのではないか」と思っている人も多いと思う。しかし、長年、株(や為替)の研究を行なってみた結果、私は「そんなことはない」と思うようになって来た。予測方法を凝ってみたところで、たいして良くはならないと思う。むしろ、できるだけ簡単なほうが良いのではないかと思う。

最近、某ヘッジファンドの人と話す機会があった。その人は、「うちの会社は、移動平均線で食べてます」と言っていた。移動平均線は、テクニカル予測の基本中の基本であり、これより簡単なのはないであろう。それが某ヘッジファンドを支えているのである。

ニューラルネットを使うなら、普通の3層ネットで十分だと思う。深層ネットやリカレントネットに変えてもあまり変わらないだろう。昨今、機械学習(データマイニング)がブームであるが、過剰な期待は禁物ではなかろうか。魔法の杖はないと思う。

サンカ

月曜日, 9月 10th, 2018

最近、遠野に行き、柳田国男の「遠野物語」の世界に触れた。その関係で、サンカなるものをはじめて知った。サンカとは、簡単に言えば、山の中で生きるジプシーである。日本にもジプシーがいたのである。しかも、つい最近までいたらしい。これには驚いてしまった。サンカに関する本も数冊出ているし、ネットでも画像とかが見れるので、サンカの様子をうかがい知ることができる。

実戦データマイニング

日曜日, 9月 9th, 2018

前回書き込んだのが、2017年の2月だから、約1年半ぶりの書き込みである。

6月に、実戦データマイニング:AIによる株と為替の予測 という本をオーム社から出版した。松本一教氏との共著である。約20年間の研究の成果報告みたいな感じになっている。

約20年間の研究の結果、以下のように考えるようになった。

1.予測に、先端的な技術はさほど必要ないのでは?

従来の3層ニューラルネットワークで十分なのじゃないかと思う。
最近は、ディープラーニングをはじめとした各種の機械学習(データマイニング)技術がはやっているのだけれど。

2.予測手法より重要なのは、入力と出力(教師信号)ではないだろうか。

私は、長い間、天井度を調べていたが、あまりうまくいかなかった。上昇度に変えてみたら、うまくいった。

3. 予測はもちろん重要であるが、所詮そんなに精度の良い予測はできない。予測方法より売買方法のほうが重要ではないだろうか。

実際、同じ予測で、二つの異なる売買方法でシミュレーションを行ったが、利益に大きな差が出る。

詳細は、「実戦データマイニング:AIによる株と為替の予測」に書いてある。