Archive for the ‘ 脳’ Category

生理学研究所

日曜日, 5月 30th, 2010

岡崎に生理学研究所がある。
名鉄の東岡崎の駅から歩いて10分弱のところにある。
今週、はじめて行った。
東岡崎の駅の改札を出たら、
「桶狭間祭り」とかの声が聞こえてきた。
あの桶狭間が近くにある。
桶狭間には昔行ったことがあるが、
その記念碑がある場所の地形は狭間という感じはしなかった。
一緒に行った友人が言うには、戦いの場所は移動するから、
全部が狭間というわけではないだろうとのことであった。
そうかもしれない。

さて、生理学研究所に行って、motor control 研究会に参加した。
その国際会議所は、緩やかな丘の上にある。
丘からの西(名古屋方面)の眺望はよい。

研究会には、伊藤正男先生も来ていた。
80歳を超えているが、元気である。

僕は、現在、大脳基底核に関心がある。
イメージを生成する際の抑制に関与していると思われるからである。
(この辺のことは、先月出版した「心の発生」(ナカニシヤ出版)に書いてある)
大脳基底核に関する新たな情報は、少しだけど、得られた。

それにしても、泊まった岡崎セントラルホテルはひどかった。
狭いし、変な臭いがした。
排水溝からの臭いであろう。

脳波

火曜日, 1月 19th, 2010

昨日、NHKのクローズアップ現代で脳波を取り上げていた。脳波でボールを浮かしたりするおもちゃが、アメリカではやっているようである。また、脳波でスポーツの集中やリラックスを向上させるようである。
僕の研究室でも、脳波の実験を行っている。現在、行っているのは、音声や自然音や楽器音を聴かせた時に、左脳と右脳のどちらが優位に反応するかという実験である。この反応が日本人と外人で違うということを角田氏等が、昔主張したが、再現性がないということで、現在では、間違っていると思われている。僕の研究室では、脳波計だけではなく、MEG(脳磁計)も使って計測している。確かに、再現性が低いが、それは、被験者の熟練度や実験の仕方によるようである。 被験者をちゃんと訓練して、注意深く実験をやれば、日本人と外人の左右差は出てくる。多くの被験者で確かめねば、左右差を世間に認めさせることはできないであろう。これには、時間がかかる。

被験者

月曜日, 12月 7th, 2009

脳の実験をしています。母音等を聞かせたときの脳の反応が日本人と外人で違うというような実験です。外人の被験者を集めているのですが、なかなか集まりません。何か良い方法はないものでしょうか。時間単価が1時間850円と安いのがいけないのでしょうか。脳波の実験は神田でできるのですが、MEGは千葉ニュータウンまで行かねばなりません。

MRI実験

金曜日, 11月 27th, 2009

11月20日に首都大学荒川キャンパスでMRIの実験をしました。
久しぶりに被験者をやりました。最近、固有名詞が出てこないので、少し頭が心配なので、撮ってもらおうと思ったからです。
磁場は、3テスラと、電機大の1.5テスラの倍です。 最後の拡散画像を取るとき、心臓がピクピクしたので、やばいと思いました。
なお、実験課題は、単純復唱と、指のタッピングのイメージです。