Archive for the ‘街’ Category

山吹の里

木曜日, 3月 15th, 2012

七重八重花は咲けども山吹のみの一つだになきぞ悲しき

太田道灌が鷹狩りに行き、雨にあったので、民家に蓑を貸してくれと頼んだところ、その家の娘が山吹の枝を太田道灌にさし出して「蓑がない」と伝えようとしたが、道灌にはわからなかったとかいう話が伝わっている。

その場所が「山吹の里」である。場所は、東京都豊島区高田1丁目。

オリジン電気(右側)の入り口にある。

面影橋のたもとにある。

面影橋は、豊島区と新宿区の区界にある。下の写真は、新宿区側から豊島区側を撮ったもの。山吹の里の碑は中央に小さく見える。

北千住に引っ越し(続)

木曜日, 3月 15th, 2012

北千住に引っ越しました。東口の駅前の昭和的な商店街と電機大学の写真です。

北千住へ引っ越し

火曜日, 3月 13th, 2012

3月1日、神田から北千住に引っ越しました。
北千住駅の東口から東京電機大学の敷地までは1分もかかりません。東口は、駅前が商店街になっています。昭和の懐かしい感じがする商店街です。

私の部屋からの風景です。向きは南側で、スカイツリーが見えます。

研究室からの風景です。東側で、荒川が見えます。

枡形山

火曜日, 10月 12th, 2010

昨日、生田緑地(川崎市)に行った。その緑地の中に枡形山がある。以下は、その枡形山からの眺望である。最初の写真の中央に建築中のスカイツリーが写っているのだが、よくわからない。二つ目の写真は、中央が新宿副都心だが、これは少しわかる。写メールだとこんなもんだ。


高瀬舟

日曜日, 9月 26th, 2010

京都市役所のそばに、高瀬舟の記念碑がある。

清洲城跡は新幹線で分断されている

金曜日, 8月 13th, 2010

清洲城は、織田信長の居城で、かの桶狭間へはこの城から出陣した。
信長公記によれば、出陣の際には敦盛の舞を舞ったが、それが本当であれば、この城で舞ったのである。(信長公記は、信長が京都に上洛したあたりから、実時間で書かれたが、 桶狭間のような初期の頃に関しては、思い出しながら書いたであろうから、信憑性はいま一つである。)
一つ前の記事で、常磐線が小塚原の刑場を分断していることに触れたが、
東海道新幹線も、清洲城を分断しているのである。
清洲城は、名古屋駅から京都方向に(新幹線で)2,3分の場所である。
新幹線の西側は、公園になっている。南側に川が流れている。
東側も公園であるが、今は、城が建っている。昔はなかった。
その城は、ちゃちな感じがして、僕はあまり好きではない。

梯子坂(はしござか)

水曜日, 8月 11th, 2010

上の写真は、はしご坂を上から撮ったものです。方角は、西を向いてます。場所は、新宿区新宿7丁目です。写真の中の高層ビルのあたりが、新宿でしょうか。写真の中の左側は寺の墓地です。卒塔婆が数本見えます。梯子坂の名前の由来は、梯子を上るように急だったことだそうです。

この坂のもっといろいろな写真は以下のサイトにあります。

http://www.tokyosaka.sakura.ne.jp/shinjuku-hashigozaka.html

靖国神社と朝鮮総連

土曜日, 8月 7th, 2010

時間があれば、家に帰るときに、大学(神田錦町)から新宿まで歩く。
なるべく、大通りを避け、裏道を歩いている。
大学を出て、神田神保町のすずらん通りを通り、九段下に出る。
九段坂を上り、靖国神社の中に入り、大村益次郎の像の脇を通り、途中で北に出る。
そして、靖国神社沿いに、西に向かって歩く。そうすると、機動隊の車が目に入る。
朝鮮総連のためである。朝鮮総連から靖国神社の塀までは、直線距離で約100メートル。
しかも、その塀の中はかの遊就館である。
なんで、また、こんなに近いのだろう。

飯坂温泉

日曜日, 8月 1st, 2010

大脳基底核研究会で、飯坂温泉に行ってきた。、飯坂温泉は、福島から電車で2,30分のところ。 飯坂温泉の駅を降りてから、会場の旅館まで歩いたが、温泉街はさびれていた。廃業のホテルや旅館や飲食店がめだった。歩いている人の数も少なかった。不景気を実感した。

街の風景3

木曜日, 9月 3rd, 2009

新宿の風景